採用情報
採用情報
お問い合わせ
お問い合わせ

works

旧規格の特定小電力無線機器が使用できなくなります

特定小電力無線機器(ワイヤレスマイク、ワイヤレスガイド、店内連絡用無線など)は電波を利用することから、電波法で定められた技術基準を満足する必要があります。
2005年に電波法関連法令である無線設備規制において、無線設備のスプリアス発射(必要周波数帯の外側に発射される不要な電波)の強度の許容値が改正されました。
一部の特定小電力無線機器(改正前の「技術基準適合証明・工事設計認証」のみを受けた特定小電力無線機器)は、使用期限後はご使用いただけなくなります。
旧規格の特定小電力無線機器を使用期限を超えて使用した場合、電波法違反になり、罰則・罰金(1年以下の懲役または100万円以下の罰金)の対象になりますので、お早目の買い換えをご検討ください。
※使用期限を過ぎた場合、所持しているだけで電波法違反となる場合がありますので、ご注意ください。

改正の詳細(外部サイトに移動します)
電波法関連法令 「無線設備規則の改正」

対応機器のご紹介(外部サイトに移動します)
企業向け 1.9 GHz帯デジタルポータブルワイヤレスアンプ


 
ICTのmikata/経営改革ライブラリーは経営課題解決のためのヒントやICT実践事例など、お客様が興味を持たれているテーマに沿った有益な情報をいち早くお届けします。
※ICTのmikata/経営改革ライブラリーは富士通Japan株式会社により運営されています

三重でIoTのことなら東洋電機にお任せ!
お問い合わせは下記フォーム又はお電話にて承ります。
お気軽にお問い合わせください。