採用情報
採用情報
お問い合わせ
お問い合わせ

works

ギヤモータ状態監視システムS-CMS

住友重機械工業から、ギヤモータの故障を未然に検知する「ギヤモータ状態監視システムS-CMS」が発売されました。
ギヤモータはコンベアなどの搬送装置をはじめ、撹拌機、ポンプなどさまざまな装置・機器の駆動に使用されます。ギヤモータ状態監視システムS-CMSは、ギヤモータに振動センサを装着し、検知ユニットを介してその状態を常時監視することで、突発的なギヤモータの故障を防ぐことができるシンプルな検知システムです。ギヤモータの劣化傾向を把握・管理することで、計画的なメンテナンスや予備機の準備が行え、予防保全による生産ラインのダウンタイム短縮に貢献します。

■特長

①生産ラインのダウンタイム短縮に貢献
 振動の傾向管理により、ギヤモータのメンテナンス時期を予測し、予防保全による生産ラインのダウンタイム短縮に貢献します。

②点検作業を効率化
 稼働中のギヤモータの状態を可視化して優先順位をつけることで、点検作業の効率化、省力化を実現します。

③不安全作業を削減
 高所や高温、粉塵等の常時監視が難しい環境に設置されているギヤモータの点検作業を効率化し、不安全作業を削減します。

ギヤモータ状態監視システムS-CMS
メーカーサイトに移動します

三重でIoTのことなら東洋電機にお任せ!
お問い合わせは下記フォーム又はお電話にて承ります。
お気軽にお問い合わせください。