採用情報
採用情報
お問い合わせ
お問い合わせ

works

電子帳簿保存法のスキャナ保存法の要件緩和

2021年度税制改正大綱が昨年12月に閣議決定され、「電子帳簿保存法」が見直されることになりました。それによれば、2022年4年1月から電子帳簿保存法におけるスキャナ保存法の要件が緩和される予定です。

次のように要件が緩和される予定です。
・税務署への申請が不要になります
・領収書への自署が不要になります
・電子化の実施期限が3営業日以内から約2か月以内に延長されます
・一定の要件を満たせばタイムスタンプが不要になります
・原本と画像の確認が不要になります
・定期検査不要で廃棄できるようになります

OBCの証憑保管クラウドなら経理業務の流れを変えずに電子帳簿保存法に対応できます。この機会に、帳簿の電子化を検討されてはいかがでしょうか。

電子帳簿保存法のスキャナ保存法の要件緩和

三重でIoTのことなら東洋電機にお任せ!
お問い合わせは下記フォーム又はお電話にて承ります。
お気軽にお問い合わせください。